【実は5人に1人がグルテン過敏症】なかなか治らないその頭痛やダルさはグルテンが原因かも?

完全にグルテンフリーなわけじゃないけど、グルテンフリーを心がけているKiku(@kikublooooom)です☺︎

 ここ何年かはお店やカフェなどでも多く見かけるグルテンフリー。

実はグルテンフリーにすると美容とカラダだけでなく、心にもいいことが起こるので、今日はグルテンフリーについて書いていきます。

 

私がグルテンフリーを始めたきっかけは持病の発覚でした。

改善できないかなぁと調べていた時に出会った本で、グルテンフリーが推奨されていまことでした。

 

私の持病は完治のない病気と言われているものでしたが、その本に書かれてることを行うと完治できると世界中で読まれてるものでした。

 

米アマゾンのレビューも700件以上あり、素晴らしい評価ばかり。

 そこに書かれていたのは、どの病気にも効くのは血液浄化ということ。

日々の食事を変えるだけで血液をきれいに変えることが出来るのです。

 

グルテンフリーはその中の一つでした。

 

今では完治のないとゆわれていた持病はほとんど症状がなくなりました。

 

 

一時期は完全グルテンフリー生活でしたが、今はゆるゆるなグルテンフリーを気軽に楽しんでいます♪

 

 

 

グルテンフリーとは

 

グルテンとは小麦や大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種です。

 

このタンパク質に水を加えて練ることでグルテンというタンパク質に変わります。

 

グルテンフリーとはそのグルテンが入っていないことを意味します。

 

普段の身近な食の中にもたくさんのグルテンが含まれています。

例えばパンやパスタ、ピザやラーメン、うどん、餃子の皮やビール、ケーキ…など。

 

 

実はあなたもそうかも?隠れグルテンアレルギー

 

最近では日本でも浸透しているグルテンフリー。

 

グルテン過敏症やセリアック病など、グルテンにアレルギーがあるためグルテンフリーの生活をしている方はもちろんですが、

最近では日本でも美容や健康のためにグルテンフリーを実践されてる方が多いですよね。

 

医学的な研究ではグルテンが皮膚や消化器官、婦人科系の体の疾患、

そして神経障害や不眠症などの現代人特有のものにも関係や影響がある報告もでているようです。

 

スポーツ選手なグルテンフリーをされてる方が多いのも有名ですが、

なぜかというと運動が明瞭になり、集中力があがり、モチベーションの向上などにも効果があるためです。

 

驚いたことに自分では気づいていないけれど“実は少しグルテンに体が反応している”、つまり実はグルテンにアレルギーが“若干ある”方が多いそうです。

 

 

なんだか体がダルイな、

何故だかやる気がでないな、などの体のちょっとした不調。

 

落ち込みやすいかったりストレスを溜めやすかったりすると、『これは自分の性格だから』と思いがちですが、そういった心の状態。

よく起こる片頭痛や鼻づまり、

乾燥肌だったり肌が荒れやすかったりなどなど。

 

長年共にしている不快な症状は、もしかするとグルテンを食べることで起きているかもしれないのです。

 

この隠れグルテンアレルギーは5人に1人は持っているといわれるほど

ビックリな数字ですよね。

 

あの有名なトップテニスプレーヤーのジョコビッチはこのタイプで、グルテンを抜きの食事に変えることで、自分の能力を最大限生かすプレーヤーに生まれ変わったそうです。

 

小麦は糖が多いので食べると血糖値を急にあげてしまいます

 

糖の多いものを食べると私たちの体は血液中から血糖を取り除こうとして、脂肪細胞を血液に沢山送り込み糖を取り込もうと働くのです。

 

血糖値を急上昇させなければ脂肪細胞が沢山出動しなくてもいい、つまり小麦などグルテンの摂取を除去すると太りにくい体になるため

グルテンフリーは美容や体重管理、ダイエットにも繋がっているのです。

 

血糖値が上がるということは血中のブドウ糖が多くなり血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになってしまうと、血流を悪くしたり血管を傷める原因になっていきます。

 

血流が悪くなると、代謝が下がり、むくみや冷えに繋がってしまうのです。

 

代謝がさがる=脂肪は燃えにくくなる

→そして知らぬ間に脂肪が蓄積されてしまう

 

という悪循環を生み出してしまいます。

 

血の流れが悪いと体内の老廃物は体に溜まったままになり、体の冷えは臓器の働きも低下させます。

 

簡単にざっくりとまとめると、グルテンを抜くことで脂肪を溜めにくくし、老廃物を溜めず代謝をあげることができます。結果、痩せやすい体質に導くことができるのです。

 

また小麦粉には白砂糖と同様に中毒性があると研究報告もあります。

 

食べれば食べるほど、さらに体が欲しがってしまう状態になるのです。

 

グルテンを抜くことでムダな食べすぎが自然となくなっていき、さらに不思議と満腹感や満足感をより感じるようになります。

 

そういった面でもグルテンフリーはダイエットや健康維持に最適なんです。

 

グルテンフリーは美容に効果があるのか?

 

グルテンフリーな生活をすると美容面でも様々な効果があります。

細かく書くと非常に長くなってしまうのでざっくりと紹介します。

 

・アンチエイジングになる

・肌の乾燥や荒れの改善につながる

 

先ほど記したように老廃物を排出しやすいカラダになるので内側・外側から美容への効果があります。

 

 

なぜ精神面にも変化があるのか

 

グルテンフリーな生活をしていると

・集中力アップ

・精神の安定

などの効果もあります。

 

小麦類を食べることで血糖値があがり分泌されるアドレナリンとコルチゾールというものがあるのですが、これらは神経を高ぶらせ、交感神経を刺激します。

 

他にも脂肪を溜めこむ作用や、イライラさせる作用、脈を上げ血圧をあげる作用も。

ストレスを受けると多く作られ、時にはストレスホルモンとも呼ばれます。

 

小麦を抜くことで血糖値を安定させてアドレナリンとコルチゾールの分泌が必要最低限になります。

 

そしてそれは精神面の安定につながり、交感神経と副交感神経のバランスを保ち、それが集中力アップにも繋がっていくのです。

 

 

グルテンフリーで得られる効果

グルテンフリー生活を2週間続けるといろいろな体の変化を感じてきます。

早い人で1週間で効果を実感される方も。

 ▼感じることのできる変化▼

  • 頭がスッキリする
  • 肌がしっとりとする、乾燥しなくなってくる
  • 疲れにくくなる
  • 寝起良くなる
  • 体が軽く感じる
  • むくみがとれる etc.

 

続けていくと片頭痛がある方は頭痛がなくなったり、依存性の食欲がなくなりムダに食べなくったりと、ココロにもカラダに嬉しいことが沢山起こります。

 

なんだかダラダラと書いてしまいましたが、

なんとなく体調がすぐれなかったり、片頭痛に悩まされている方は1度グルテンフリーもしくは

グルテンの摂取を減らす生活にしてみると調子が良くなるかもしれないです!!

 

 

最近は美味しいレシピやオシャレなレシピが沢山あるのでグルテンフリー生活も実践しやすいかなって思います♪

 

わたしのオススメのレシピ本はこちら。

すーごくお洒落な本です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、管理人のKikuです。 10代の頃は流行を追うのがとても楽しかったし、着飾るのが大好きでした。エクステ、カラコンは必需。つけまつげ、高いヒールに巻いた髪は基本...そんな私でしたが沢山の経験をして、色んな世界を見て私のお洒落感はガラリと変わりました。 本当の美ってなんだろうと思った時に、もっと自分のアイデンティティを大切に活かしたくなりました。 自分自身のカラーを楽しむこと。 100%自分であること。 そうするようになってから、 私の人生はもっと鮮やかになりました。 人はみんな世界にたった一人のユニークな存在。 Bloom where you are planted and always BE YOU!