WELEDA ボディオイル6種類使い比べ★シトラスオイルの香りと使い心地

WELEDAのボディオイル6種類使い比べから今日はシトラスをピックアップします(^^)/

 

WELEDAオイル使い比べ ざくろ記事はこちら

WELEDAオイル使い比べ ホワイトバーチ記事こちら

 

実は現在カレンデュラオイルも使ってみているので、正確には7種類の使い比べになります。

 

WELEDAはオイル以外にも色々使っているんだけど、やっぱりすごいブランドだなぁって感じます。

 

ヨーロッパでは医薬品扱いのものもあったり、病院でも処方されるものもあると聞きますがそれも納得の力をもったものばかり。

 

ただ植物のエキスやオイルそのものがダイレクトに力を発揮してくれる、そんなブランドなので使用の前にはパッチテストは絶対。特にお肌が敏感だったりアレルギーがある方など。

 

自分の肌に合いさえすれば、ステロイドに頼っていたような痒みや荒れもあっという間に肌を改善してくれることもあるWELEDA。

 

敏感肌や乾燥肌、肌トラブルや年齢肌がある方こそ良さが分かりやすいブランドだと感じています。

ほんとにWELEDA様は救世主。

 

話を戻してオイルの使い比べの感想をアップ★

WELEDA シトラスオイル

 

今日はシトラス♪

 

このオイル構成が非常にシンプルで、成分はアーモンドオイル。

エタノールも入っています。

 

なので使用感が非常にサッパリしてます。

一言でいうと使いやすい。

 

オイルのべた付きなどが苦手な方とか、オイルケアを初めてしますっていう人にもいいと思います。

 

正直保湿力としては高くはないなというのがわたしの個人的な感想です。

 

夏前から夏の終わりまでに丁度いい使用感です。

 

香りがまたすごく爽やかで、青いレモンのような感じ!

 

すごくリフレッシュな香り。

それもまた夏のお手入れに丁度いいです。

 

アーモンドオイルもオレイン酸が豊富で、皮膚軟化作用があるのでお肌が柔らかくなります♪

でもフワフワにはならなかったな。

パツンッと若々しい肌になる、そんな感じ。

 

浸透性としては普通かな。

 

あと、レモン果皮油も入っているようです。

レモンは体液の滞留などみも効果的なのでマッサージにも適してますね♪

 

サラっとしたオイルなので、軽いマッサージにもってこいなテクスチャー。

レモンの香りは集中力や記憶力を高めるので、気分がシャンとしてリフレッシュされるので一日の始まりにピッタリ。

朝にこのオイルの香りを吸い込むのも脳刺激となるので持ってる方はそういう使い方もオススメ。

ちょっとフィールズダウンで落ち込みモードの時も気持ちを切り替えるのを手伝ってくれそう。

 

香りの力ってほんと凄いよね。

脳や心に影響を与えてくれる♪

ヴェレダはラインで出してるので、オイルの他にもボディボディミルクもそれぞれ出ているのでライン使いがやっぱり一番効果が高いです。

 

私もお気に入りはラインで揃えたりしてきたけど、やっぱり肌に1番効果感じました。

 

今回はオイル使い比べの記事なのでボディミルク記事は今後上げていきます♪

 

ざっくりとまとめると使いやすくて、爽やか。

パツンっと若々しい肌にしてくれて

リフレッシュしたいときにピッタリなオイルでした。

 

 

 

シトラスのボディミルクはこちら↓

 

余談ですが2018年のハーバルオイルコレクション出てます♪
自分に合うオイル見つけれるので10mlずつのセットは絶対買い★

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、管理人のKikuです。 10代の頃は流行を追うのがとても楽しかったし、着飾るのが大好きでした。エクステ、カラコンは必需。つけまつげ、高いヒールに巻いた髪は基本...そんな私でしたが沢山の経験をして、色んな世界を見て私のお洒落感はガラリと変わりました。 本当の美ってなんだろうと思った時に、もっと自分のアイデンティティを大切に活かしたくなりました。 自分自身のカラーを楽しむこと。 100%自分であること。 そうするようになってから、 私の人生はもっと鮮やかになりました。 人はみんな世界にたった一人のユニークな存在。 Bloom where you are planted and always BE YOU!